投資信託を購入するなら、みんなで大家さん販売やインベストプラスの不動産シェアリングがお勧め

投資信託のメリットとデメリット

67-A1.jpg

出典:三井ホーム 東北支店エリアサイト

一時期低迷していた株価も2014年に上昇基調に転じ、株で多額の収益を上げる個人投資家も多くなりました。しかし株式投資は誰にでもできるものではありません。上場企業の数は膨大で、会社の業績を図る財務諸表を読むには専門知識が必要で、どの会社の株を購入すべきか素人には判断ができないからです。


そこで選択肢に上がってくるのが投資信託です。


投資信託はファンドマネージャーが投資家に変わり株の売買をしてくれるため、株の素人が購入しやすいというメリットがあります。


しかし投資信託についても株と同様に価格変動のリスクに晒され、市場動向によっては当初約束していた金利を得られないばかりか元本が毀損してしまうといった危険性もあります。


ここで投資信託と同じレベルの金利が得られ、投資信託より元本毀損のリスクが少ない投資先が求められるのですが、そのような投資先として現在、不動産シェアリングと呼ばれる投資手法が注目されているのです。

不動産シェアリングという新しい不動産投資 

67-B1.jpg

出典:Manila Premium Residence

不動産シェアリングは新しいタイプの不動産投資です。


不動産投資は、株や為替と異なり不動産という現物を投資対象にするものです。


土地は有限で人は必ず住宅やオフィスを必要とすることから不動産に対するニーズはどのような状況でも存在するものです。そこで不動産はどのような時でも安定的な収益をもたらす能力が高く、不動産は投資対象として魅力的なものでした。


しかし不動産投資は、投資家が大家として不動産を管理する必要があり、不動産の素人である投資家が手を出しづらいという状況にありました。


そこで不動産の専門会社が投資家と不動産の間を仲介し、不動産の管理・運用を行う形で生み出された投資手法が不動産シェアリングなのです。


みんなで大家さん販売やインベストプラスが、不動産シェアリングにおける代表的な投資先として知られています。

みんなで大家さん販売やインベストプラスの不動産シェアリング

67-C1.jpg

出典:suumo ジャーナル

不動産シェアリングは、投資信託と同じような感覚で行うことができます。


それぞれの運営会社のホームページから簡単な手続きで申し込むことができ、1口25万円や1口100万円という投資単位で出資することができます。


投資成果である分配金の収益は、インベストプラスで年率1%以上、みんなで大家さん販売で年率4%以上となっています。2015年現在の定期預金の金利がどんなに高いところでも0.1%に及ばないことを考えると、いずれも定期預金の十倍以上の高い水準の金利を実現しています。


また、みんなで大家さん販売やインベストプラスの不動産シェアリングでは、投資家の元本を守るために優先劣後システムという方式を導入しています。


これは、投資対象である不動産の市場価格が低下した時に、投資家の元本を保証するために、低下した金額に一定の範囲を設け、その範囲内の損失を運営会社が負担することで投資家の元本毀損を防ごうとするものです。


この優先劣後システムを持つみんなの大家さん販売やインベストプラスの不動産シェアリングであれば、元本が損なわれることを防ぎながら高い収益を得られるため、投資信託に手を出すよりも低いリスクで、投資信託と同様の投資成果を得られることになるのです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ