都市綜研の事業内容は投資信託と比較して何が違うのか

そもそも投資信託はどんな仕組みか

68-A1.jpg

出典:Manila Premium Residence

投資信託というのは金融商品のひとつで、証券会社や銀行などで販売されています。


投資信託では、投資家たちから集めたお金をファンドが運用し、ファンドの運用実績に基づき、投資家にその利益が分配される仕組みです。


投資信託は1万円という少額から投資が可能となっていて初心者でも参入しやすくなっています。


また、資金を運用するのはファンドの専門家ですから、信頼して任せることができ、投資家自身は専門知識を持っている必要はありません。


定期預金などと比較すれば、はるかに利回りが良いですし、資金を上手に運用したいと考える人にとって検討の価値があります。


ただ、元本が保証されているわけではないので、定期預金ほどの安定感があるわけではありません。


投資信託を利用するのなら、利回りと安定性のどちらをより自分が重視するのかをよく考えるのが大事です。

都市綜研の事業内容はどんな仕組みか

68-B1.jpg

出典:大原建設

都市綜研は不動産投資商品のみんなで大家さんシリーズを取り扱っている会社です。


従来、不動産投資というのは利回りの良さと、安定性を兼ね備えた優れた投資と見なされてきたのですが、多大な資金を必要とするのが難点でした。


そこで、都市綜研では共同出資によって不動産を運用するという新たな不動産投資の形態を編み出しました。


不動産の維持管理は都市綜研がやってくれますから、投資家が自分一人で不動産投資を行う場合よりも、はるかに楽に不動産投資を利用できます。


なお、投資信託でも不動産を運用するものはありますから、都市綜研のみんなで大家さんシリーズとの共通点は少なくありません。


不動産投資信託のJ-REITなどは知名度も高いですし、不動産への小口投資ならJ-REITが一番だと先入観を持っている人も多いでしょう。


しかし、不動産投資をするのなら、知名度に流されるのではなく、都市綜研と投資信託をしっかり比較検討するのが大事です。

都市綜研が投資信託より優れている部分とは

68-C1.jpg

出典:FX攻略.com

投資信託の場合は、販売会社、運用会社、市場などが複雑に絡み合う仕組みとなっているので、手数料も様々な場面で必要になってきます。


一方、都市綜研で不動産投資を利用するのならば、手数料はほとんどかかりません。


シンプルな仕組みで投資を利用したいなら、都市綜研のほうが投資信託よりいいでしょう。


また、投資信託の場合は、ファンドの専門家に全てを任せて、資金を運用してもらうことになるので、どれだけ長く投資信託をやっていても専門知識が身につきません。


一方、都市綜研で不動産投資をするのなら、どの物件を選ぶかを毎回自分の頭でしっかり考えることになり、不動産に関する知識が磨かれていきます。


自分の力で投資を成功させたという実感を得たいという人、あるいは、投資を楽しみたいという人には都市綜研のほうが適しているでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ