貯金と利益を比較してみよう

ただ貯めているだけでは増えない

76-A1.jpg

出典:大京穴吹不動産

金銭の管理というと、貯金を思い浮かべる方も多いことでしょう。ほとんどの人に小さなころからコツコツと貯金をしてきた記憶があるはずです。もちろんそのようにためていくことは大切なことではあります。しかし、お金はただ貯めているだけではそれ以上に増えることはありません。このところ、日本の物価は上がり始めています。ためたお金の額は変わらないのに、物価が上がっていくとなると結果的には貯金の価値が下がってしまうことになるのです。現状維持ではなく価値が下がってしまうというのは大問題です。貯金だけでは資産を守ることができなくなっているといえるでしょう。


この状況を何とかしたいという方は、貯金と比較してより高い利益を出すことができる資産運用方法を取る必要が出てきます。様々な方法がありますから、自分にあった方法を選びたいものです。

頼みの預金も金利は低め

76-B1.jpg

出典:物件写真.net

お金を貯めるというときにまずはじめに考える方法が、銀行に預金をするというものです。確かに金利が付きますし、一見よい方法に思えます。資産運用方法の中でも安全性は高いです。しかし、最近は銀行に預けても金利がほとんどつかないという状況が続いているので、場合によっては損につながってしまうこともあります。手数料などがかかるとタンス貯金より目減りしてしまうこともあるほどです。預金で利益を出したいなら、できるだけ金利の高いものを狙うという事が必要になります。しばらく動かさないお金なら定期預金にする、キャンペーン時期などを利用して少しでも高い金利で預け入れをするなどという工夫も必要でしょう。また、銀行によっても金利が変わってきますから、比較しながらより良い預け先を探すという事も必要です。

貯金と比較して金利の高い運用を

76-C1.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

預金で利益を出すのが難しいのであれば、他の運用方法を考えていく必要があります。投資方法には様々なものがありますが、その多くがリスクが高いものです。基本的に金利が上がればリスクは高くなるという関係にありますから、そういった点についても貯金と比較していくとよいでしょう。


ただ貯金していても価値が目減りしてしまうリスクがあるのですから、多少のリスクがあっても金利の高いものに投資していくという考え方もできます。単に金利だけに着目するのではなく、自分の興味関心のあるものに投資していくというのもよいでしょう。そのほうが自分自身で知識や情報も得やすくなるので投資の安全性も高くなっていきます。


株式や不動産など、様々な投資先がありますが、その一つ一つを良く見て比較をしていきましょう。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ