資産運用で気にしておきたい金利などのポイント

金利の高さを重視した資産運用

78-A1.jpg

出典:物件写真.net

今や銀行に預金をしていても、ほとんど利息が付かないという時代になってしまいました。預金金利はないも同然になっていて、魅力がなくなってきています。資産運用を考えるなら、リスクを踏まえたうえで投資をしていく必要が出てきているのです。


金利が高いという事は、リスクもあるという事ですが、高い利益を上げることにつながります。利益を出したいなら多少のリスクは考慮に入れたうえで、積極的に金利の高い運用方法を取っていくべきです。もちろんリスクがありますので、初めての投資に向いた方法ではありません。また、手持ち資金が少ないなど、生活を脅かすような形ではこうしたリスクがある運用法は避けたほうが良いでしょう。ある程度余剰資金があり、知識も豊富な方はこうした金利の高さを重視した方法が向いています。

金利以外にチェックしたいポイント

78-B1.jpg

出典:マンション経営大学

より良い資産運用を目指すのであれば金利だけで運用商品を見極めるのではなく、リスクもきちんと把握しておくことが必要になります。つい高い金利に気を取られてしまいがちですが、どういったリスクがあるのかを理解しておかなければ思わぬ損につながってしまうのです。商品説明では細かく書かれているリスクについてもきちんと読んでおく必要があります。つい読み流してしまいがちですが、重要なことが記載されていることも多いのでしっかり読んでおきましょう。担当者の説明をきちんと聞いているから大丈夫、と考える方も多いでしょうが、つい売り込むことに熱中してしまうとリスクについての説明は不十分になってしまうこともあるものです。資産運用をするなら、自分自身でリスクを把握しておくという考え方が必要になります。

徐々に高金利のものへシフトしていく

78-C1.jpg

出典:suumo ジャーナル

資産運用を始めた当初から高金利のものに手を出すのはリスクが高くなります。始めは金利よりも安全性の高いものから始めていき、徐々に高金利の商品へ進んでいくという形がベストだといえるでしょう。しばらく運用していると流れもわかってきますし、どのようなリスクがあるかもつかみやすくなってくるものです。始めは練習のつもりで、金利にこだわらず選んでみるとよいでしょう。


慣れてくれば資産運用できる額も増えてきますし、知識もついてきます。そうなった段階で金利の高い、ハイリスクハイリターンの資産運用方法にチャレンジしていくことで、より大きな利益を生むことにつながっていきます。もちろんその段階でも自分できちんと判断することが必要になります。資産運用に関しては勧誘なども多いですが、人の言うことをうのみにするのではなく、自分で考えていくことが大切です。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ