みんなで大家さんやマリオンボンドの不動産シェアリング投資は、貯金よりもはるかにお得。

貯金は有効な資産防衛策ではない

81-A1.jpg

出典:マンション経営大学

使わないお金があると、それを銀行の貯金しておくことが多いものです。しかし貯金をしているだけでは、資産を有効活用することにはなりません。


銀行の預金金利はほとんど0%に近く、定期預金であっても0.1%に満たないケースがほとんどです。そのような低金利であると、多額の金額を長い期間預け入れていたところで、資産を増やすことは出来ません。


特に現在のような物価が上昇しつつある経済情勢だと、物価が上昇に資産の増加が追いつけず、むしろ実質的に資産が減ってしまう結果になってしまうのです。


そこで少なくとも物価上昇率よりも高い金利が得られる投資を行う必要性があるのですが、残念ながら貯金は実質的に資産が増えないため投資とは呼べないのです。


したがって資産を防衛するために、貯金に変わる新たな投資先を見つける必要があるのです。

不動産シェアリングという新たな投資手法

81-B1.jpg

出典:コーワの家

貯金がよいところは、気軽に預けられて定期的に利息を受け取れるところにあります。しかし貯金では受け取れる利息が十分ではありません。


そこで貯金のような感覚で簡単に行え、定期的な分配金を受け取れる投資に不動産シェアリングという新たな投資手法があります。


不動産シェアリングは不動産投資の一種で、運営会社が選定した不動産に投資者が出資し、その不動産から得られた収益を投資者に分配するという形式の投資です。


従来の不動産投資では、投資家が大家となって不動産を管理し入居者と対応する必要があり、不動産管理の煩わしさがありました。その欠点を補うために生まれたのが不動産シェアリングで、投資家は不動産から得られた収益を分配金として得られるものの、不動産の管理を運営会社が行うために、不動産にまつわる煩わしさから解放されるという特徴があるのです。

不動産シェアリングとして代表的なものに、みんなで大家さんやマリオンボンドがある

81-C1.jpg

出典:suumo ジャーナル

不動産シェアリングを運営する会社として代表的なものが、みんなで大家さんやマリオンボンドです。


みんなで大家さんやマリオンボンドの不動産シェアリングによる収益は、年率4%~8%という貯金の利率とは比較にならない高い水準に達しています。


投資収益の分配金は、投資によって異なるものの、毎月か各月に分配され、年に一度の利息とは異なるものです。


それぞれの投資案件については、3年から5年で満期を迎えるものが多く、短期間で高い収益を実現するというのが貯金とは異なる点です。


みんなで大家さんやマリオンボンドの不動産シェアリングに参加するには、各社のホームページから申し込めばよく、複雑な手続きは必要とされないため、貯金するような感覚で申し込むことができます。


みんなで大家さんやマリオンボンドの不動産シェアリングであれば、貯金をするような感覚で高い収益を得られるため、有効な資産防衛策となるのです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ