不動産の投資会社はどのように比較をすれば良いか

投資会社を比較する2つの方法

82-A1.jpg

出典:マンション経営大学

不動産の投資をするとなると、しばしば比較が大きなポイントになります。


そもそも投資商品は、そもそも手数料などが異なる一面があるのです。A社の場合は手数料が比較的高めですが、B社の場合はリーズナブルといった具合です。


そして人々は、やはり少しでもお得な商品を利用したいと思っています。そのために様々な会社を比較して、自分に最適な所を選びたいと思っている方も多い訳ですね。


そしてそれが分かっていても、比較方法が分からない方がいらっしゃるのも事実です。確かに比較をすれば良い商品を発見できる可能性もあるのですが、そもそも比較の「方法論」の問題が浮上しますね。


1つのやり方としては、様々な会社からパンフレットを請求する方法があります。それと投資商品を提供している会社に対する「問い合わせ」という方法もありますね。

投資商品を比較するためのパンフレット

82-B1.jpg

出典:マンション経営大学

まず1つ目のパンフレットなのですが、投資商品を提供している会社としては商品案内の資料を用意してくれている事があるのです。投資会社のホームページを見てみますと、しばしば商品案内の為のパンフレットを請求できるフォームを設置しています。そのパンフレットを取り寄せてみると、商品のスペックがある程度見えてくるものなのですね。


そして投資会社のほとんどは、そのようなパンフレットを用意してくれています。つまり様々な会社からパンフレットを取り寄せれば、各会社のスペックを比較する事ができる訳ですね。もちろん手数料なども比較できます。


ただしパンフレットを取り寄せるとなると、料金が気になる方もいらっしゃるでしょう。しかしそれは特に心配は要りません。たいていの投資会社は、パンフレットを取り寄せるための料金を無料と設定しているからです。

電話対応のクオリティーで投資会社を比較

82-C1.jpg

出典:コーワの家

それともう1つの方法ですが、投資会社に対する電話です。


不動産投資の商品を提供している会社の多くは、電話番号を設置しています。もちろんその番号に電話をかければ、投資会社の方は対応してくれます。


そして投資商品の善し悪しというのは、会社の電話対応で見極められる一面があります。会社Aの場合は電話対応が非常に良く、会社Bはあまり良くなかったとします。そのような時は、たいてい会社Aの方がスペックは高めになっているのですね。


ですので様々な会社に電話をしてみて、その対応の良さを比べてみる方もあるのです。そしてその際の対応の良さは、往々にして正確に各会社の善し悪しを比較できる事が多いです。


幸いにも多くの不動産投資の会社は、番号はフリーダイヤルです。問い合わせをする分には料金はかかりませんので、会社を比較する為に電話をしてみるのも一法でしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ