【貯金しているだけでは勿体無い】初心者の不動産投資

不動産投資は怖いというイメージ

84-A1.jpg

出典:イラストAC

初心者が不動産投資を行うというと、騙されてしまったり、損をしてしまうかもしれないという恐怖心を抱く人が多いはずです。投資なんかに手を出して、今まで貯めたお金を無駄にしてしまいたくないと考えることでしょう。


しかし、不動産投資はそれほど危険なものではありません。もちろん、多少のリスクはありますが、そのやり方さえ間違えなければ、最初の投資金だけで、すぐに稼ぐことができるようになるのです。


考えても見てください。なぜ、郵便ポストに入っている広告などに、不動産投資を薦めるものが多く入っているのか。なぜ、これほどに不動産投資という言葉を多く耳にするのか。それは、不動産投資を行っている人が多いからなのです。そして、それはその分野でのマーケットが広く、ちゃんと確立されているということを示しています。みんながやっていることですから、安心して一歩踏み出してみましょう。

貯金しているだけでは勿体無い

84-B1.jpg

出典:ホビダス・マーケット

銀行にお金を預け、貯金しているだけではお金は増えません。まさに、雀の涙といっていい金額でしょう。もしも、そのお金を別の形に変えるだけで、多くのお金を稼げるようになるとしたら、どれほど勿体無いことをしているのかお分かりいただけるはずです。


初心者にはリスクがあると、もしかしたら考える人もいるかもしれません。ですが、銀行に預けているお金に関しても、リスクはあるのです。銀行が潰れてしまえば、全額返って来る保証はありません。銀行が潰れない可能性をどこまで提示できるのか、自分で考えてみましょう。


資産を持つということはリスクヘッジにもなります。銀行が潰れてしまえば、あなたの資産はなくなってしまうという今の状況は、ルーレットでいえば、一つの数字に全資産を一点賭けしているようなものなのです。それがどれほど危険であるかということは、説明するまでもないことでしょう。

計算すればわかる

84-C1.jpg

出典:マンション経営大学

もしも、一千万の物件をあなたが購入したとします。それを、利回り20%で運用したとした場合、どのようになるのか計算してみましょう。利回りとは、年に儲けることができるパーセンテージのようなものと考えてください。


毎年、20%の利回りということは、年に200万の収入があるということです。月15万円以上の収益があるといえば、もっとわかりやすいでしょう。五年経てば、最初にあなたが購入した分の料金は取り戻せるということになります。さらに、そのお金を元手に、もう一つ物件を増やせば、今度は月に30万円の収入が見込めるということになるのです。これを考えれば、銀行に貯金しておくのが馬鹿らしく思えてくるはずです。


もちろん、初心者がこのようにうまく儲けを出せるとは限りません。今回の計算では、諸経費を含んでいませんし、利回り20%の物件はそうそうあるものではありません。ですが、そのようなことは不可能なことではないのです。老後のためには、不動産投資という選択肢を考えてみるべきだといえます。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ