貯金と比較してクラウドバンクと都市綜研はどこが魅力的なのか

貯金するより都市綜研を利用したほうが得

86-A1.jpg

出典:ホビダス・マーケット

最もスタンダードなお金の運用方法は銀行への貯金でしょう。


誰でも銀行口座を持っているでしょうし、貯金したことの無い人はいないはずです。


お金を預けるだけで勝手に利子がつくわけですから、運用方法が簡単でわかりやすいのが魅力です。


しかし、銀行への貯金は、なかなか利益が出ないのが欠点です。


そこで、もっと利益を出したいと考える人にとって、心強い味方となるのが都市綜研です。


都市綜研では、「みんなで大家さん」という不動産投資商品を提供しています。


この商品に投資すると、平均して6%という銀行預金では考えられない高い利回りが得られます。


投資ですから、投資したお金が減るという元本割れのリスクも無いわけではありませんが、投資対象が不動産なため、リスクは最小限に抑えられています。


今まで、貯金一筋で生きてきた人も、一度は都市綜研を試してみるべきです。

貯金からクラウドバンクへの乗り換えには要注意

86-B1.jpg

出典:マンション経営大学

以前は高い利回りを得たいなら、都市綜研を選べばOKという状況でしたが、最近はクラウドバンクの存在も見逃せないものになっています。


クラウドバンクの利回りは5.2%となっていて、都市綜研にかなり近い数値です。


クラウドバンクという名称から、銀行への貯金のようなイメージを持つ人も多く、安心感や信頼感を重視する人から好印象を持たれています。


しかし、クラウドバンクは決して銀行への貯金ではなく、れっきとした投資商品です。


投資家から集めたお金を運用し、運用に成功すれば分配金を出しますが、運用に失敗すれば分配金を出さないどころか元本割れのリスクもあります。


集めたお金の運用の仕方が、銀行の貸付業務と近いものがあるので、バンクという名称がついているに過ぎません。


クラウドという流行の言葉がついているからといって、それに流されるのではなく、しっかりと中身を見極めるのが大切です。

クラウドバンクより都市綜研を選ぶべき

86-C1.jpg

出典:suumo ジャーナル

結局、クラウドバンクにも元本割れのリスクがあるのですから、安定性という面では、都市綜研とそこまで差があるわけではありません。


それならば重要になってくるのは利回りです。


利回りについては、都市綜研のほうが、クラウドバンクよりも1%から2%ほど高い傾向にあります。


より多くの利益を手にしたいと考えるなら都市綜研を選ぶべきです。


また、クラウドバンクの場合は、投資したお金がどのように運用されるのか、投資家からは見えづらいという面があります。


一方、都市綜研であれば、具体的にどの物件に自分が投資したのか、はっきりと分かります。


投資が成功すれば、自分の物件選びが正しかったのだと思えて、満足感に浸れます。


金銭的な利益だけでなく、満足という精神的な利益もほしいという人には都市綜研がいいでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ