みんなで大家さん販売やクラウドバンクを利用した貯金の有効運用ガイド

みんなで大家さん販売やクラウドバンクに貯金を使う利点

87-A1.jpg

出典:マンション経営大学

みんなで大家さん販売やクラウドバンクでは、一般の方でも手軽に利用できる資金運用のサービスを提供しています。例えば、毎月の給与からの余剰分や、定期預金や貯金などを通じて貯蓄している資金を使う事で、通常の運用方法では極わずかだった利回りを、不動産投資と運用を行う事で更に高利回りな形で貯金などを安全に運用することができます。特に、これまで提供されていたファンド系の資金運用方法とは違い、不動産という安定した資産を管理、運用した上で利益を発生させるため、低リスクでありながらも、定期預金など一般的な資金運用法とは一線を画した利益を安定して受け取る事ができるという点がメリットとして注目されています。


みんなで大家さん販売やクラウドバンクでは、こういった資金を活用した運用実績も着実に増加しているので、まさに安定した貯金の新たな運用方法と言っても過言ではありません。

みんなで大家さん販売やクラウドバンクで貯金を運用する場合の最低投資額

87-B1.jpg

出典:ホビダス・マーケット

みんなで大家さん販売やクラウドバンクなど、新たな不動産をはじめとした各種ファンドを活用した貯金の運用方法に対して興味や関心を抱かれている方は増加の一途をたどっていますが、実際にファンドに参加するためには、どの程度の貯金を用意する必要があるのでしょうか。


まず、最も重要となるのが、不動産ファンドに運用を依頼する為に必須となる資金の準備作業です。例えば、銀行や郵便局などに貯金などの資金を預け入れている場合には、一度、定期預金などを解約した上で纏まった資金を用意する必要があります。みんなで大家さん販売やクラウドバンクでは、投資を募る場合、1口2口という口数での募集を行っており、利用者側は、この口数に応じた分の資金が求められます。みんなで大家さん販売の場合、1口は100万円と決まっており、1口単位から投資を行うことができます。また、クラウドバンクの場合、更に安く1口10万円という資金から投資を行うことができます。

みんなで大家さん販売やクラウドバンクではインターネットを使った貯金の運用依頼ができる

87-C1.jpg

出典:suumo ジャーナル

一般的な従来の投資ファンドを利用するためには、各投資ファンドが運営する実店舗などに直接出向き契約する必要があったり、書面を送付することによって契約する事ができる所が大半を占めていました。ところが、みんなで大家さん販売やクラウドバンクでは、新たな契約方法として、インターネットを活用した手段が用いられています。このため、貯金など一定額の投資資金をあらかじめ用意しておくことで、自宅に居ながらにして、ネットを使って投資の応募を行う事ができます。投資に必要な資金もオンライン振込などを活用することができるので、貯金をあらかじめ口座などに入れておくと、更に便利な形で投資へ参加することができます。また、契約満了までの利益発生率や状況などの各種情報も、インターネットの専用サイトから閲覧することができるため、大変便利です。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ