貯金のデメリットと高金利の不動産投資

定期預金による貯金のデメリット

89-A1.jpg

出典:八王子みなみ野シティBlog

銀行が提供している貯金商品には、様々なタイプがあります。身近なものの1つとして、定期預金が挙げられます。


その商品の場合は、普通預金などに比べれば高金利にはなります。しかしそれでも、1%に満たない状況です。たいていの定期預金の商品は、高くても0.1%前後という状況なのです。


その利率の場合は100万円を預けると、年間で数百円程度の利息しか付かない訳です。それではあまり大きく資産が増え無いので、ちょっとメリットが少ないと感じている方もいらっしゃいます。


また定期預金の場合は、解約の自由度は比較的低めです。申請をして解約ができれば良いのですが、定期預金は原則として解約は困難になります。つまり数年間の間はお金を預けておかなければならないので、お金を出し入れする自由度に関するデメリットがある訳です。

高金利な外貨を用いる貯金商品とそのデメリット

89-B1.jpg

出典:lifehacker

銀行が提供している他の預金商品の中には、外貨預金もあります。その貯金商品の場合は、前述の定期預金に比べれば高金利の貯金商品にはなります。


ところが外貨預金という貯金商品の場合は、リスクは少々高めになってくるのです。外貨の動きというのは、値動きは比較的激しいものです。外貨のレートが下がってしまいますと、それに連動して預けた金額も減ってしまう訳です。場合によっては元本割れが発生する事もあるので、リスクは少々高い一面があります。


また外貨預金の場合は、手数料もかなり高めです。上記の定期預金もそこそこ手数料は高めではありますが、それでも外貨預金ほどではありません。


つまり外貨預金という貯金商品は高金利は期待できる訳ですが、その分リスクと手数料に関するメリットがある訳ですね。

貯金よりも高金利な不動産投資

89-C1.jpg

出典:マンション経営大学

このように銀行から提供している貯金商品は、ちょっとデメリットが大きな一面もある訳です。ですので最近の方々は貯金商品というよりも、むしろ不動産投資に着目している一面もあります。


不動産投資の場合は、貯金商品に比べればリスクは少々高めになります。しかし外貨預金に比べれば、不動産投資の方がリスクは低めと言われています。中には損失が発生しても、補填をしてくれる不動産投資の商品もあります。


それと不動産投資は、金利に関するメリットもあります。前述のように定期タイプの貯金商品の場合は、0.1%にも満たない状況です。しかし不動産投資の場合は、6%前後になっている事もあるのです。


このように不動産投資の方が貯金よりもメリットが大きいので、最近では不動産投資を活用している方々のどんどん増えてきている傾向があります。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ