不動産による投資の利率の特徴と安定度

投資商品のメリットと利率の高さ

90-A1.jpg

出典:マンション経営大学

不動産物件による投資の魅力の1つは、利率の高さです。少なくとも銀行の普通預金などに比べれば、率がかなり高めになっているのです。


普通預金を利用すると、利息は発生しますね。ただそれはあまり高い数字ではありません。商品によっても異なるのですが、大体の預金商品は率が1%に達していない状況です。


ところが不動産物件などの投資商品は、かなりその率が高めになっています。それも商品により様々なのですが、4%や5%などの投資商品が多いです。つまり投資商品の方が、預金よりもリターンは多く見込める訳です。


100万円を預けていても利率が0.05%であれば、リターンは500円前後に過ぎません。しかし不動産物件などによる投資商品の場合は、4万円や5万円などが見込める訳ですね。どちらの方が魅力的かと言われれば、やはり後者になるでしょう。

利率の安定性が特徴的な不動産の投資

90-B1.jpg

出典:八王子みなみ野シティBlog

そして不動産物件による投資商品の場合は、安定度にも特徴があります。実は投資商品は不動産だけでなく、外貨や株などもあるのです。


そのタイプの投資商品の場合は、若干利率が不安定な一面があります。なぜなら外貨というのは、かなり大きな変動が発生します。時には率が数十パーセントになる事もあります。逆にマイナス数十パーセントになる事もあるのですね。つまり外貨などの投資商品の場合は、かなり値動きが激しい訳です。


ところが不動産の投資信託などの場合は、その利益率は比較的安定している傾向があります。少なくとも上記の外貨商品のように、数十パーセントもの動きが発生するケースは極めて稀です。このため安定的な資産運用などを考えているのであれば、不動産による投資の方がベターとも言えるでしょう。

外貨の投資に比べるとリスクは低めな不動産

90-C1.jpg

出典:Revista

もちろん不動産の投資商品にも、リスクはあります。ただしそのリスクは、上記の外貨商品などに比べれば比較的低めな傾向があるのです。


外貨商品の場合は前述のように、元本に対して数十%もの損失が発生する事は珍しくありません。また株投資などの商品も同様です。


ところが不動産の投資商品の場合は、そこまで大きな損失にならないケースが多いのです。つまり利率が大きく変動する確率が低めになっている訳ですね。前述のように、とにかく安定度が高いのが不動産投資の特徴の1つです。


ですので外貨商品のように、ハイリスクハイリターンなものにはなりませんね。どちらかというと不動産投資は、ローリスクローリターンの利率になっている訳です。


そして人によっては大きな動きというよりも、むしろ安定性を重視している事もあります。利率の安定度を優先したいのであれば、外貨などよりは不動産の投資の方が良いでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ