みんなで大家さん販売とマリオンボンドと貯金の中ではどれが最も良いか

みんなで大家さん販売とマリオンボンドと貯金の利率の違い

92-A1.jpg

出典:八王子みなみ野シティBlog

私たちのお金を運用する方法には、貯金があります。その他にも不動産投資で運用をする方法もあって、主な商品としてはみんなで大家さん販売とマリオンボンドの2つがあります。それぞれメリットが異なるのですが、主な違いとしては利率が挙げられます。


貯金とみんなで大家さん販売とマリオンボンドの3つの中では、2つ目のみんなで大家さん販売が利率は最も高いです。まず貯金の場合、年利は1%にも満たないケースがほとんどです。貯金商品によっても異なるのですが、0.1%などの年利になっていれば良い方です。


ところがみんなで大家さん販売とマリオンボンドは、それよりも利率がかなり高めになるのです。みんなで大家さん販売は現在6%前後ですし、マリオンボンドは3.6%前後になります。つまりみんなで大家さん販売とマリオンボンドは、リターンに関するメリットがある訳です。

みんなで大家さん販売と預金よりも分配回数が多いマリオンボンド

92-B1.jpg

出典:マンション経営大学

それを考慮すれば、上記の3つの中ではみんなで大家さん販売がメリットが最も大きいと思われるかもしれません。しかし一概にはそうとも言えない一面があります。


というのもマリオンボンドという商品の場合は、分配回数が非常に多いのです。ほぼ毎月のように、配当が分配されるタイプの商品になります。


ところがみんなで大家さん販売の場合は、2ヶ月に1回程度の頻度で分配金が発生する事になる訳です。


また預金商品の場合は、数ヶ月に1回になっている事が多いです。もっともその分配回数も、預金商品によって様々なのですが。


つまり分配回数という意味では、マリオンボンドが最も多い訳です。ですので分配金を受け取る頻度の多さを求めるのであれば、マリオンボンドはメリットは一番大きいという事になります。そして貯金商品は、ちょっと分配回数は少なめになる訳です。

みんなで大家さん販売と貯金に比べると解約の自由度が高いマリオンボンド

92-C1.jpg

出典:不動産投資は収益物件を手に入れて行う所得倍増計画の手法

またマリオンボンドには、解約に関するメリットもあります。上記の3つの商品の中では、解約の自由度が最も高いのです。


まずマリオンボンドの場合は、いつでも解約をする事ができます。ちなみに解約をした時には、分配金などは受け取れる事になるのです。


ところがみんなで大家さん販売の場合は、基本的に中途解約は困難な商品になります。また貯金商品の場合も、中途解約が困難なものが幾つも見られます。


何かの事情があって中途解約をしたいと思っているのに、解約できないのは少々困ってしまう事もあるでしょう。その点マリオンボンドはいつでも解約できますので、自由度の高さにメリットがある訳です。


つまり利回りならばみんなで大家さん販売が一番良く、分配回数と解約の自由度という意味ではマリヨンボンドが良い訳です。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ