ストファンドのフル活用・インベストプラスで貯金アップ都市綜研インへ?

不動産系の資産運用には、都市綜研のインベストプラスが大注目

502-A.jpg

出典:Imovelweb

みんなが大家さんのフレーズで有名な東京建物が安全性と利回りのどちらも重視して開発した不動産資産運用商品として、インベクトプラスは、今注目を集めています。利回りが高い事でも有名で、6%とは、他と比べてもかなり頑張っている率です。なぜ、このように高い利回りを確保出来るかというと、利益を出すための努力の結果と言えるからなのです。


また、この商品の特徴は、投資信託初心者向けの手間のかからない商品です。その理由は、物件の運営や管理等の面倒な手間がかからないので、出資者は配当金を受け取るだけで良いのです。ですから、初心者の方でも安心して始められるのです。未配当も今のところないので安心です。運用実績についてもホームページで確認出来ますので、リアルタイムで情報チェックする事が出来ます。

噂のアクティビティーファンドについて。

502-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

投資信託のアクティビティーファンドは、別名、物言う株主とも言われています。その理由は、一定以上の保有株式を裏付けとして、企業経営者に対して、増配や、自社の株を買うなどの株主還元の要求や株主総会において、議決権行使など、積極的に行う投資ファンドだからです。このように企業価値の向上を目指す投資信託なので、自ら積極的に関わることができるので、面白みがあります。具体的には、業績が低迷して株価がわりやすになってしまった企業に対して、コスト削減や経営陣の交代を要求することも出来ます。このように経営陣に直接働きかけることが可能なので、年金基金や機関投資家の支持を集めて、要求を実現させる方向に持っていくことができる投資信託です。その背景には、金融規制改革などにより株主の力が増したことにあります。

投資信託のおもしろみ

502-C.jpg

出典:Invest Iraq

日本には、薬3000本の投資信託があります。3000本と言うと東証に上場している会社の数とほぼ一緒です。この数多くの投資信託の中から自分の好きな物を選択する事は難しいかもしれませんが、まずは、上記で説明した不動さん関連の安心なインベクトプラスを手はじめにやってみると、その概要が徐々に見えてきます。そして慣れてきたら、アクティブファンドをお勧めします。これは、ファンドマネージャーと言われるプロの運用者が、将来値上がりしそうな銘柄を買う事によって高いパフォーマンスを狙うことができる物です。


前項目であげたアクティビティーファンドは、アクティブ系の中でも面白みある投資信託ですので、退職金の運用や、資産運用として多くの方が貯金に繋げる利益を生んでいる投資信託です。内容は、それ程むつかしくないので、初めてみる価値はあります。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ