不動産投資を成功させるには利率が重要

不動産投資を行う場合

516-A.jpg

出典:小堀建設 Onlyone 世界でたったひとつの家を

資産運用の一つとして、不動産投資を行う場合、その利率が重要になってきます。


せっかく不動産投資をしても、利率が悪ければどんどん赤字になっていってしまいます。


もともとある不動産を活用して、不動産投資を行う場合があります。


土地は所有しているけれども、特に使用はしていなくて、それを不動産活用しようとした場合などです。


今ある土地に、賃貸マンションやアパートなどを建てて、その入居者の家賃で収入を得ることができます。


その時に賃貸マンションやアパートの建築費用は、借金をして工面することになった場合、借金を返済するまでは家賃収入を借金の返済に充てなければなりません。


しかし、入居者が少ない場合は、当然家賃収入も減るので、借金返済ができなくなってしまうかもしれません。


この他にも土地や建物を所有していると、固定資産税などの税金がかかってきます。

不動産投資物件の需要を見極める

516-B.jpg

出典:White BG

賃貸マンションやアパートなどの建物は、定期的に屋根や壁などの修繕を行っていかなければなりません。


これらの維持費を含めると、それなりの入居者があって、家賃収入もかなり見込めるくらいでないと、借金を返済するまではかなり大変かもしれません。


そのためにも、今持っている土地がどのような不動産投資に向いているのかを見極める必要があります。


もし、今持っている土地の環境が、住宅地としては不向きな場所であった場合は、店舗や工場、倉庫など、他の不動産投資を考えてみる必要があります。


さらに、土地から建物までを全て借金をして購入し、不動産投資を考えている人はもっと大変です。


最初から賃貸マンションやアパート経営を考えているならば、入居者が多く見込める立地を探す必要があります。


家賃相場も場所によって差がありますので、よく検討して決めたいものです。

駐車場も場所によっては、かなりの不動産収入が見込める

516-C.jpg

出典:The Investor

場所によっては建物ではなく、駐車場として貸した方が、不動産投資が上手くいく場合もあります。


駐車場なら建物を建てる必要がないので、かなりコストは抑えられます。


回転率の良い駐車場なら、かなりの賃貸料の収入を得ることができるでしょう。


不動産投資を行う場合、その土地にあったものを選ぶことが重要です。


需要が多ければ、利率が良い不動産物件になっていくことでしょう。


また、賃貸物件なら街の中心地で、交通の利便性の良い場所が、借りても多く、利率は上がっていくでしょう。


住宅を建てる場合は、まずは自分がその環境の中で生活したいかを考えて見るのも良いでしょう。


一般的に閑静な住宅街で、学校や商店が近く、公園などがあれば、賃貸マンションやアパートの需要は多く、不動産投資も成功する可能性が高くなるでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ