定期預金は金利などを比較して利用する

ネットの比較サイトを利用すると便利

520-A.jpg

出典:Property Futures

定期預金を作る時は、各金融機関の金利を比較するのが良いでしょう。


定期預金を比較する時に参考になるのが、インターネットでの専門サイトです。


数ある金融機関の金利を一件一件調べていくのは至難の業です。


しかも金利は常時変動していますので、定期預金を作るタイミングも必要になってきます。


一昔前に比べると、定期預金の金利も随分と下がってしまいました。


そのため、現在ではせっかく定期預金を作るのですから、少しでも金利の高いところを選びたいものです。


また、定期預金の比較サイトでは、おすすめの定期預金やランキング形式で、どこの金利が良いか、またどのような特典があるかなどがわかりやすくなっています。


定期預金はある一定期間は預金をしておくことになりますから、普通預金に比べてもかなり金利が良くなります。

ネット銀行のメリットを生かして活用する

520-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

普通預金は普段使いの預金ですが、定期預金は貯蓄を目的としていますので、さらに資産を増やしやすいシステムだと思われます。


いろいろな預金方法がありますが、大切な資産を確実に貯蓄をしていくには、定期預金を上手く活用することをお勧めします。


最近ではネット銀行が増えてきました。


ネット銀行のメリットは振込手数料が安いことが挙げられます。


また、ネット銀行は店舗を持たないことで、人件費がかからない分、いろいろな手数料を安く抑えることができます。


また、管理はインターネット上で行いますので、わざわざ店舗に出向く時間と手間を省くことができます。


ネット銀行はインターネット上での操作が多いので、セキュリティーの問題がありますが、パスワードなどをきちんと管理をするなどして、安全に使用できるようにしていきたいものです。

キャンペーンを上手く活用する

520-C.jpg

出典:The Investor

一般の店舗のある銀行も、店舗を持たない銀行もありますが、それぞれのメリットを十分に生かして活用していきたいものです。


特に定期預金は同じ預けるにしても、やはり金利が高かったり、お得なメリットがある方が良いものです。


また、ボーナスシーズンなどで各金融機関ごとに、さまざまなキャンペーンを行っています。


大切な資産ですから、そういったキャンペーンを上手く活用したいものです。


キャンペーン中は通常よりも金利が高いこともありますし、特典が付くものも多いです。


定期預金の金利を常に比較をして、もし今預金している金融機関よりも他のところの方が金利が高ければ、積み替えをしても良いでしょう。


しかし、満期前に定期預金を解約してしまうと、金利がかなり悪くなってしまいます。


上手くタイミングをはかることも大切です。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ