都市綜研やマリオンボンドの投資のメリット

少ない手間での投資が可能なマリオンボンドと都市綜研

521-A.jpg

出典:住宅関係のフリーイラスト素材

昨今では多くの方々が、不動産物件に対する投資を検討しています。なぜなら、銀行にはあまり期待できない一面があるからです。銀行の預金の金利などは、総じて低めですね。それに比べると物件投資などは、利回りなどは比較的高めになります。利益率の高さが、その商品の魅力の1つです。


ところで不動産投資と聞くと、手間がかかるというイメージをお持ちの方も多いでしょう。住宅物件を購入して居住者から家賃を支払ってもらうとなると、かなり手間がかかるからです。また不動産物件の完了するのも、かなり手間がかかりますね。


そのような方々におすすめなのが、マリオンボンドや都市綜研の商品です。どちらも不動産物件の管理をする必要がありませんので、少ない手間での投資をする事ができます。また必要な投資金額も、比較的低めです。

都市綜研の投資商品と健全性

521-B.jpg

出典:The Investor

まず都市綜研による投資商品ですが、健全性に関するメリットがあります。そもそも投資をするとなると、会社の健全性などは大きなポイントになるのです。経営状況が健全でない会社ですと、やはり不安になってしまうものです。


ところで都市綜研の場合、その健全度の高さに特徴があります。あまり健全でない投資商品の場合、配当金などが支払われないケースも珍しくありません。ところが都市綜研の投資商品の場合、未配当になった事は一度も無いのです。健全度の高さを物語っているとも言えます。


また都市綜研の投資商品は、元本割れに関する特徴もあります。そもそも投資商品によっては、元本割れで大きな損失が発生してしまう事もあるのです。しかし都市綜研による投資商品では、今までに元本割れを起こした事が無いのです。それも健全性の高さの証明とも言えるでしょう。


つまり健全度に伴う安心感が、都市綜研による投資商品のメリットの1つです。

マリオンボンドの主たるメリット

521-C.jpg

出典:アイジースタイルハウス

それともう1つのマリオンボンドなのですが、都市綜研よりも配当金は低めになります。しかしマリオンボンドには、回数に関するメリットがあるのです。


マリオンボンドの場合は、1年間に12回配当金を受け取る事ができます。前述の都市綜研の投資商品の場合は、年間6回になるのです。ですので小刻みに配当金を受け取りたいと考えている方にとっては、マリオンボンドという投資商品はメリットが大きい訳ですね。


そしてマリオンボンドは、そもそも銀行などの貯金商品に比べると利率が高めになります。貯金商品の場合は1年間の利率が1%にも満たない状況ですが、少なくともマリオンボンドの投資商品はそれよりも高い訳です。


しかも貯金商品の場合は、利息の受け取り回数は1年間に2回になる事も珍しくありません。しかしマリオンボンドは12回受け取る事ができるので、貯金よりはメリットが大きいとの意見もあります。


もしも不動産投資を考えているのであれば、このような都市綜研やマリオンボンドなどの商品を検討してみると良いでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ