クラウドバンク式のみんなで大家さんによる物件投資の主たるメリット

物件管理の手間とクラウドバンク式のみんなで大家さん

524-A.jpg

出典:MASSLIB.NET

不動産物件は、しばしば投資の為に活用されます。まず一旦は物件を保有し、入居者を募ります。そして家賃収入などによる利益を目指すこともありますし、物件の価格上昇などを目指すこともあるのです。


ところでそれらの物件に対する投資を考えている方々は、しばしばネックを抱いています。家賃収入などを目的にする時には、購入した不動産物件を管理する必要がありますし、家賃回収の管理なども必要になるのです。それらを全て自分で行うとなると、かなりの手間がかかります。その手間がネックだと感じている方々も多いのです。


ところが不動産投資の1つに、みんなで大家さんなどのクラウドバンク式の商品があります。もしも上記のようなネックを感じているのであれば、それらの商品を検討するのも一法です。なぜならクラウドバンクの商品は、物件管理の手間はないからです。

多くの方からお金を集めるクラウドバンク式のみんなで大家さん

524-B.jpg

出典:GaiaCrédito

クラウドバンク式のみんなで大家さんのシステムなのですが、投資信託に似ています。


クラウドバンクには、インターネット媒体で多くの方々から出資金を募るシステムがあるのです。そのお金を募っているのは投資家なのですが、集めたお金を用いて物件に対する投資を行う事になります。


たいていは商業物件などに対する投資を行い、住宅物件などではありません。商業物件や駐車場物件などが主なものになります。それらによる資産運用を行って利益を目指すのが、みんなで大家さんという商品なのです。


このためみんなで大家さんに出資をしている個人の方々などは、上記の物件管理の手間は無いのです。また不動産物件を購入するのと異なり、数千万円もの資金は不要です。そのクラウドバンク式の物件投資は、もっと少ない資金で出資する事ができるからです。

クラウドバンクのみんなで大家さんと透明性の高さ

524-C.jpg

出典:アイジースタイルハウス

そしてクラウドバンク式のみんなで大家さんには、透明性に関するメリットがあります。上記のシステムは、いわゆる投資信託に似ています。しかしその信託商品と違って、透明性は高めなのです。


例えば、何に対して投資をしているかが明確です。投資信託では何に対して投資をしているかが不透明な一面があるので、不安点を覚えている方々も見られます。しかしクラウドバンクはデータが公開されているので、それに安心感を覚えている方も多いです。


またクラウドバンク式のみんなで大家さんは、物件投資の目的も明確です。投信の場合は物件の投資目的が今ひとつよく分からない事もあるのですが、クラウドバンクの場合は透明性が高いので、投資目的が分かりやすくなっているのです。


つまり透明性の高さに伴う安心感が、クラウドバンクによるみんなで大家さんの魅力の1つです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ