都市綜研のインベストプラスの投資方法はリートに似ている?!

都市綜研のインベストプラスの投資法がリートより勝っている点とは?!

527-A.jpg

出典:White BG

都市綜研インベストファンドはインベストプラスというサービスを行っていて、不動産投資がアグレッシブに出来るようになっています。


このサービスを利用すれば、簡単に不動産投資を行えるというメリットがありますが、これはリートと似た方法で行っています。


違っている点は利回りが非常に高いことです。


利回りの高さというのは、元本割れが起きにくいメリットとなるでしょうし、場合によるとすぐ解約が出来るシステムなので、初心者におすすめの投資法です。


インベストプラスは様々な面でリートを上回る設定がなされていて、気軽に投資してみたいという人に使えます。


都市綜研インベストファンドはたくさんの人から支持されている有名なファンドなので、不動産投資の初心者であっても安心して投資が出来ると言われています。

都市綜研のインベストプラスの投資法がリートより劣っている点とは!?

527-B.jpg

出典:GaiaCrédito

また、インベストプラスがリートより優れている面は多いのですが、逆に劣っている面もありますので、それについて書いてみたいと思います。


都市綜研インベストファンドはかなり以前から参入している新参のファンドですが、知名度の点ではかなり劣っているのは否めません。


リートというのはかなり様々な宣伝をしたので、他の投資方法と同様だと思われているようです。


このリートを提供している会社はいくつかあるのですが、まだインベストプラスの知名度はかなり低いので、都市綜研インベストファンドのサービスはあまり知られてはいません。


また、リートに比べますと都市綜研インベストファンドの基礎はまだもろいと思われているので、急な変動に対して大丈夫なのかと気になってしまうのも仕方のないことではないでしょうか。


リートより高利回りなので、持ち逃げされるのではないかと思う人もいるでしょうが、そういった事はないと思って大丈夫です。

都市綜研インベストプラスの投資とリートのどちらを選ぶべき?

527-C.jpg

出典:建築パース アーキテクトママ

では、様々な会社が提供しているリートと比較して都市綜研インベストプラスのどちらを選べばいいのか迷いますが、基本的には都市綜研インベストプラスをオススメします。


この理由は、基本的に利回りが安定してる事に加え、安定して同じ配当を受け取れるシステムですし、都市綜研インベストファンドという会社は安心出来るからです。


リートの方が信頼性が高いのですが、不動産の価値によって利回りに変動がありますし、元本割れの可能性があるので油断が出来ないデメリットがあります。


それに都市綜研インベストファンドのインベストプラスは元本割れしないように対策を講じていて、元本割れする可能性がありません。


評判を聞けばなかなか手を出しにくいとは思いますが、安心して不動産投資出来る様になっているので、インベストプラスをリートよりもオススメしたいですね。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ