貯蓄の金利に対する不満と投資商品のメリット

パーセンテージ表記されている貯蓄の金利とは

534-A.jpg

出典:アイジースタイルハウス

収入を得ている方々は、たいてい貯蓄をしています。次から次へと使ってしまいますと、将来的な不安点が生じてしまうものです。いずれどこかで出費が必要になる可能性もありますので、とりあえず銀行などに貯蓄をする訳です。


ところで銀行などを利用して貯蓄をした時には、金利と呼ばれるものが発生します。金利は、たいていパーセンテージで表記されているのです。そして、それは1年間あたりのパーセンテージを示します。


例えば金利が0.3%になっていて、なおかつ銀行に100万を預けたとします。その場合は、1年後には貯蓄額は1,003,000円になっているのです。パーセンテージが0.3ですので、この事例では3,000円分が利息という事になります。


なおその金利も、銀行によって異なります。上記は0.3ですが、0.5や0.7など金融会社により色々異なるのです。

貯蓄の金利に関する不満点

534-B.jpg

出典:century21

ところで金融機関などに貯蓄をしている方々は、しばしばその金利に対する不満を覚えています。なぜなら数字が低すぎるからです。


上記の事例では、100万円を預けても1年間で3,000円分しか利息が発生していません。そして3,000円分では、少々不満と考えている方々も多いです。1年間で5%などになっていれば、5万円分の利益が発生する事になるでしょう。しかし現実の貯金商品は、金利が1%に持たしていない状況です。各銀行の金利を見てみると、たとえ定期預金でも1%を超えていないのです。それではあまりメリットが大きくないと感じている方々も、多くいらっしゃいます。


ですので貯蓄をしている方々は、「不動産投資などを利用しよう」と思っている事もある訳です。その商品の方が、金利に関するメリットが大きい事もあるからです。

貯蓄の金利よりもメリットが大きな投資商品も

534-C.jpg

出典:Art√

例えばある不動産関連の金融会社が提供している商品の1つに、金利が6%近くのものがあります。6%なのですから、上記の貯蓄の商品に比べるとかなり大きな差額が生じるのです。上記の貯蓄商品の場合は3,000円相当なのに対して、その不動産関連の金融商品の場合は6万円にもなります。1年間で57,000円近くもの差が生じる訳です。


しかも倍数に換算すると、実に20年分にも相当します。貯蓄の場合はその金利により20年近く待つ必要がありますが、上記の不動産の商品の場合はわずか1年で20年分もの利益が生じる訳です。明らかに効率が良いので、それに興味を持っている方も非常に多いです。


ただしその商品には、リスクがあります。貯蓄に比べるとリスクは高めになりますが、20年分もの利益が生じるのであれば、リスクを考慮しても投資の方がメリットが大きいと思っている方も多いですね。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ