多くの物件を取り扱う「みんなで大家さん 」と「マリオンボンド」

多くの物件を取り扱う「みんなで大家さん 」とは

536-A.jpg

出典:住宅関係のフリーイラスト素材

多くの物件を取り扱う「みんなで大家さん 」は、資産運用で有名な不動産ファンドになっています。不動産ファンドに興味がありながらも、どのような物件が良いのかなどわからない人の手助けをしてくれる、そんな会社になっているのです。


今現在まで、元本割れを起こした事がなく、非常に安定した不動産投資を行う事ができる会社になっています。


その上、不動産投資において、面倒な事は一切必要なく、すべて「みんなで大家さん 」に任せる事ができるのです。例えば、物件の管理や集金などのトラブル。また、老朽化などと言った事もすべて気にすることなく投資を行う事が可能なのです。


「みんなで大家さん 」の場合、営業者が賃借人と賃貸借契約を結ぶ事になります。その為、直接、出資者が契約することにはなりません。その上で、分配された出資口数だけ購入する事で利益を得る事ができる仕組みになっているのです。

多くの物件を取り扱う「マリオンボンド」とは

536-B.jpg

出典:不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

マーケットに左右されない安定した実績を誇る「マリオンボンド」。創業55年と安心の実績を誇る不動産ファンドになっています。


一口25万円から投資することもでき、様々な年齢層の人でも気軽に始める事ができる内容になっています。安定した収益で、毎月分配してもらう事が出来る事から、年金暮らしの人が生活の足しに「マリオンボンド」を利用する事も多くなっています。


不動産ファンドの場合、自分で優良物件を見つける事は非常に難しく、また、リスクを伴う作業になってきます。そんな、物件探しをプロにお願いし出資する事で、利回りを受ける事ができるようになっているのです。その為、全く物件などの知識がない人でも、安心して始める事ができるようになっているのです。


また、急に現金が必要になった際は、解約することもでき便利なシステムになっています。

「みんなで大家さん 」と「マリオンボンド」の違い

536-C.jpg

出典:株式会社プランズスタジオ

一見同じように見える「みんなで大家さん 」と「マリオンボンド」。


両社とも有料物件に出資し、利益を得る事ができるシステムになっている事に違いはありません。


しかし、よく見てみると少し違いがあり、同じ不動産投資でも利用者によって使い分けた方が良いようになっています。


まず、「みんなで大家さん 」においては、投資は1口100万円からになっています。また、運用期間は3年以内という短期運用です。分配金は隔月分配される仕組みになっており、元本割れを起こす心配のない不動産ファンドになっています。


「マリオンボンド」においても、優良物件に出資する仕組みは同じで、元本割れがないと言われています。しかし、「みんなで大家さん 」に比べ1口25万円から始める事ができ、より身近な不動産ファンドになっています。分配金においても、100万円以上出資したものに関しては、毎月受け取る事ができるようになっています。


このように、一見同じように見える両社ですが、少しずつ内容が違って来るようです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ