都市綜研のクラウドバンク型の資産運用と主たる3つの特徴

専門家に任せる事になる都市綜研のクラウドバンク型の資産運用

547-A.jpg

出典:無料写真素材 写真AC

都市綜研では、クラウドバンク型の資産運用の商品を提供しています。その資産運用の商品には、主に3つの特徴があるのです。その中の1つ目は、専門家の方に任せる商品になる点です。


そもそも資産運用は、大きく分ければ2種類になります。自力で売買を行うタイプと、専門家の方に任せるタイプです。


前者のタイプは、いわゆる株などです。株の値動きに伴う売買を自分で行う訳ですが、様々な分析なども自力で行う必要があります。いわゆるチャートなどのツールを見て、様々な試行錯誤を行うケースがほとんどです。


ところが都市綜研によるクラウドバンク型の資産運用は、自力で売買を行う事はありません。専門家の方に一任する商品になります。したがって株のようなチャート分析などは、不要な商品になります。資産運用のプロに任せることができるのが、都市綜研のクラウドバンクのメリットの1つです。

都市綜研のクラウドバンク型の資産運用のリスクはミドル

547-B.jpg

出典:株式会社プランズスタジオ

2つ目の特徴として、ミドルリスクの点が挙げられます。そもそも資産運用は、ハイリスクやローリスクなどと区分される事があるのです。


後者のローリスクのタイプの商品は、いわゆる定期預金などが該当します。元本割れなどが発生する確率は、極めて低い商品になるからです。普通預金なども、ローリスクの商品に該当します。


そしてハイリスクの資産運用としては、株式投資や先物などが挙げられます。かなり大きな金額が動くため、時には大きな損失が発生する事もあるのです。


そして都市綜研によるクラウドバンク型の資産運用は、両者の中間点に位置しています。定期預金よりはリスクがある商品になりますが、株式などに比べれば安全度は高めです。都市綜研の場合は、元本保全というシステムなどもあるからです。


またリスクもミドルならば、利益率もミドルです。すなわちミドルリスクでミドルリターンになっているのが、都市綜研のクラウドバンクの特徴の1つです。

都市綜研によるクラウドバンクの資産運用とその税率

547-C.jpg

出典:zivotuplusu

3つ目の特徴ですが、税率が20パーセントになる点です。例えば都市綜研によるクラウドバンク型の資産運用で100万円分の利益が発生した時には、20%分の納税が発生する事になります。年度末にて、その税金を納める事になるのです。


ちなみに資産運用の商品の中には、税率が20%ではないものも見られます。例えばある長期型の投資商品の場合、年間の税率は39%前後と設定されている状況です。ですので「20%」という数字は、都市綜研によるクラウドバンク型の資産運用における特徴の1つと言えます。


ちなみにその納税なのですが、年間利益が20万円に超えているか否かがポイントになります。もしも利益が20万円に達していない時には、年度末での申告手続きなどは不用になるのです。


すなわち「専門家に任せる」のと「ミドルリスク」と「税金の率は20%」という3点が、都市綜研によるクラウドバンク型の資産運用の主な特色です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ