みんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の資産運用とその主な特色

不動産特化タイプになるみんなで大家さん販売のクラウドバンクの資産運用

550-A.jpg

出典:不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

資産運用の商品には、様々な種類があります。株式投資や先物など色々あるのですが、みんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の商品は投資信託に該当します。いわゆる専門家の方々に任せる商品になるのです。


ところで投資信託という資産運用には、色々な種類があります。大きく分ければ2種類になり、1つの投資対象に特化しているタイプもしくは様々な対象があるタイプです。


後者のタイプなのですが、例えば株や先物や債券など非常に様々なタイプに投資をしている商品も見られます。いわゆる分散投資型の商品です。それに対して前者は株券「のみ」や先物のみなどと、投資対象が1つになっているタイプです。


ところでみんなで大家さん販売によるクラウドバンクの場合、前者の特化型のタイプになります。「不動産特化型の資産運用の商品」に該当するのが、みんなで大家さん販売のクラウドバンクの特徴の1つです。

配当金の受け取り回数が多めなみんなで大家さん販売のクラウドバンクの資産運用

550-B.jpg

出典:アイジースタイルハウス

そしてみんなで大家さん販売によるクラウドバンクは、分配回数も特徴的です。


そもそも資産運用の商品は、それぞれ配当の分配回数が異なります。比較的多くの回数で分配される商品もあれば、そうでない商品もあるのです。中には1年間に1回のみ配当が分配される商品もあります。


ところでみんなで大家さん販売によるクラウドバンクの場合は、2ヶ月に1回配当金が受け取れる商品です。したがって1年間に6回受け取る事ができるのが、その商品の特徴の1つです。


なお2ヶ月に1回という頻度は、数ある資産運用の中では多い方です。前述のように1年間に1回のみの商品も見られる中、比較的小刻みに受け取れるのが特徴的です。


そして資産運用を行いたいと思っている方の中には、できるだけ頻度多く配当金を受け取りたいと思っている事もあります。みんなで大家さん販売によるクラウドバンクは、そのような方に向いている一面があります。

少なめな金額で投資が可能なみんなで大家さん販売のクラウドバンクの資産運用

550-C.jpg

出典:White BG

またみんなで大家さん販売によるクラウドバンク型の資産運用は、求められる金額に関する特徴もあるのです。比較的少ない資金で投資をする事ができます。


そもそも投資信託の中には、まとまった資金が求められる商品も見られるのです。別の会社が提供している資産運用の商品の場合、求められる金額は300万円前後です。中には1,000万円が必要な資産運用も見られます。


ところがみんなで大家さん販売のクラウドバンクの場合、1口100万円から売買をする事ができます。資産運用を考えている方によっては、300万というまとまった資金を準備するのは難しい事もあるでしょう。しかしみんなで大家さん販売のクラウドバンクは比較的低めな資金になっているので、手軽に始められるのも特徴的です。


なお100万はあくまでも最低ラインの金額で、もちろん300万や500万などで投資をする事も可能です。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ