クラウドバンクのみんなで大家さん販売株式会社なら不動産投資よりも少ない資金から始められる

不動産投資では多額の資金が必要

551-A.jpg

出典:The Investor

月々のお給料だけでは足りないので副業しようとしても、会社によっては副業が禁止されているので出来ないです。


もし分かってしまうと後で大変ですが、そんな時に魅力なのが不動産投資です。


不動産投資なら会社にもよりますが、副業禁止規定に抵触することは無いので大丈夫です。


不動産投資は長期的に安定した収益が狙えるのが魅力です。


しかし多額の資金が必要というデメリットがありました。


失敗した時のリスクが大きすぎるのですが、そこで近頃注目されているのがクラウドバンクです。


クラウドバンクでは不特定多数の投資家から資金を集めて投資します。


投資家は少額の資金でも購入できるので、従来の不動産投資よりリスクを抑えて投資することが可能です。


利回りも5%くらいのクラウドバンクが多く、10年の定期預金を組むより利回りが良いです。

クラウドバンクのみんなで大家さん販売株式会社

551-B.jpg

出典:Imovelweb

クラウドバンクのみんなで大家さん販売株式会社では1口100万円で購入ができます。


想定分配率は年6.0%になっており、100万円の投資で年に6万円の分配金を貰うことが出来ます。


クラウドバンクでは投資した不動産から賃料を得て、その賃料を投資家へ分配する仕組みになっています。


景気の悪化などで賃料が下がることがありますが、みんなで大家さんなら優先劣後システムがあります。


このシステムでは営業者が出資の範囲内で下落分を補ってくれる仕組みになっています。


もし下落してもこの範囲内であれば投資家への分配金も元本も目減りしないです。


みんなで大家さんでは過去にいろいろなシリーズが販売されていますが、どのシリーズでも元本割れを起こしていないです。


不動産投資では物件を売却しようとしても中々売却できないことがあります。


そんなときでもみんなで大家さんなら譲渡することが可能、後々現金が必要になっても換金しやすいです。

みんなで大家さん販売のシリーズならJ-REITのように日々価格が変動しない

551-C.jpg

出典:アイジースタイルハウス

みんなで大家さんとJ-REITと一見似ているようですが違いがあります。


取引所で売買されているJ-REITでは日々価格が変動していますが、みんなで大家さんでは日々評価額が変動しない点です。


J-REITでは景気が悪くなると価格が下落することが多いです。


リーマンショックなどが起きると大きな価格下落リスクがありますが、みんなで大家さんではそういったリスクを気にせずに済みます。


みんなの大家さんでは3年以内の短期運用となります。


3年が過ぎた後はまた他のみんなで大家さん販売されますので、続けたいときは投資を続けることが出来ます。


一人の大家さんでは入居者の募集や契約、物件の管理などを行う必要がありますが、みんなで大家さんではそんな手間も無いです。


不動産投資とJ-REITのメリットを享受しながら、それらのリスクはなるべく抑えられているのがみんなで大家さんです。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ