都市綜研インベストファンドとクラウドバンクで不動産投資に臨む

初心者でも使いやすい都市綜研インヘ?ストファンド

554-A.jpg

出典:The Investor

投資の方法として注目を集めているのは、不動産投資という方法です。不動産投資というと、あまり馴染みのないものだという人もいますが、きちんと知識を身につけるようにすれば、初心者でも取り組むことが可能な投資方法です。最初から無理をしてしまうと、損失につながってしまう可能性があるため、無理のないペースで投資をすることが大切になります。まずは、都市綜研インヘ?ストファンドをしっかりと活用するように心がけるようにします。不動産投資を含めて、投資には一定のリスクが付きまとうものです。都市綜研インヘ?ストファンドであっても、リスクがゼロになるということはありません。しかし、都市綜研インヘ?ストファンドは堅実な運営がなされていて、リスクが小さくなるように工夫しているので、初心者でも安心なのです。

クラウドバンクに慣れるようにする

554-B.jpg

出典:Realty Fact

投資を進めていく上では、しっかりと利回りを意識するようにしていきます。利回りが高い投資商品は、それだけ収益を上げるチャンスがあるのです。ただし、利回りの高さばかりに囚われてしまうと、リスクの大きいものに手を出してしまう可能性もあるため、注意が必要になります。利回りが高いかどうか、リスクの分散を図ることができるかどうか、などのさまざまな点を意識して党利を行うことが大切です。利回りが高いことで知られているものとしては、たとえばクラウドバンクがあります。クラウドバンクは、年間投資利回りが5%以上と予想されているのです。投資の上級者にとって有利なだけでなく、投資を初めて行う人にとっても安心感があるのが特徴です。クラウドバンクに慣れることが、投資を行う上では必要不可欠なのです。

不動産投資は地道に取り組む

554-C.jpg

出典:不動産広告用CGパース・建築パース

不動産投資は、金融機関に預金をするのとは異なり、いきなり大きな金額を投じるのは禁物です。不動産投資と預金の最も大きな違いは、元本の保証の有無です。金融機関に預金したお金は、一定の金額まで保証されていますが、不動産投資では保証がありません。そのため、十分な余裕を持って投資を行う必要があるのです。都市綜研インヘ?ストファンドやクラウドバンクのように、安心できる業者を利用している場合であっても、元本保証がないというリスクを考慮することが大切です。初心者の段階では、手持ちの資金を全て投入することは避けて、無理しない範囲で投資をしていきます。慣れてくると、どこまで投資をすることができるか、自分で判断することができるようになりますが、最初は都市綜研インヘ?ストファンドやクラウドバンクの基本に沿って投資を進めることが大切です。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ