高金利の物件を狙うのが一番

高金利を狙えば確実に利益が出る

555-A.jpg

出典:株式会社プランズスタジオ

物件に投資を考えている方にとって、高金利の物件を狙うことは当然となっています。高金利の物件に投資をしていくことにより、確実に利益を出すことができるメリットを持っているからです。また物件によっては更に利益を生み出せる要因が生まれ、長年にわたって利益をもたらしてくれることもあります。


不動産投資を考えている方にとって、物件の金利は重要なものとなります。金利を重視しないで適当に投資を行っていると、それだけで利益が失われてしまうこともあります。やはり投資をするからこそ、高金利の物件を狙いたいものであり、その方が安心できる部分もあります。特に元本を保証してくれるかどうかが重要な部分であり、高金利の方が保証される可能性も高いです。


色々な物件を考えても構いませんが、金利の数字には注意してください。

高金利は大体どれくらいか

555-B.jpg

出典:LILAND

高金利と言われても、全く想像できないことだと思います。それは物件というものの金利がさほど知られていることではなく、隠された情報として提供されている部分があるためです。従って知っておくことが重要となりますが、高金利というのは大体5%を超えている物件と考えればいいです。


通常物件は1%から金利設定が行われることとなり、物件の価値によってどれくらいの数字に繋がっているのかが変わってきます。場合によっては金利の数字が変動するタイプもあれば、固定でその金利が適応されることもあります。この金利が5%を超えているようなら高金利と呼べるものであり、物件に投資をするとそれなりに返ってくる金額が増えます。


物件というのは100万円単位で投資を行っていくものですから、一桁の金利でも利益は多くなります。

高金利の物件にはちょっとした注意も

555-C.jpg

出典:RankingDeweloperów.pl

高金利は一見するといいことに繋がっていくのですが、逆に言えば投資する金額が高くなる傾向にあり、間違うと大量にお金を投資しなければならない状態が生まれます。高すぎる投資を行ったとしても、投資をする金額が戻ってくるほど高金利になっているわけでもないので、安定していない会社だと損失を計上する可能性があります。


もう1つの注意点としては、高金利という部分で物件価値を高めている物の、利用価値自体がそもそも高くないため、投資をしても元本が返ってこない恐れがあります。利用価値の無い物件が高金利で提供されていたとしても、それは多くの人が利用しないので利益が生まれません。いくら高金利とされていても、返ってこないものに投資をする意味はありません。


こうした注意点をしっかり守り、最低限の確認をしてから投資を行ってください。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ