都市綜研 ?マリオンボンド? 初心者が物件 に投資するにはどうしたらよいのか?

都市綜研ってどうなの?

559-A.jpg

出典:P&A

都市綜研インベストバンクの不動産投資商品とは、安定した賃貸収入を確保するため、投資対象を優良物件に厳選していることで、高い利回りを確保しています。


そして、未配当や元本割れもないので、経営的に安定している優良企業と言えます。


万が一の時でも、倒産隔離によって、債権者や管財人に影響が及ばない措置を取っているので、安心感が違うのです。


また、配当に分配も年に数回設定されているのですが、未配当になったことがありません。物件の運営や管理といったことは、業者が行ってくれるので副業として申し分ないですよね。


投資初心者の方でも気軽に参加することができますし、運用実績については、きちんとサイト上で公表し閲覧できるようになっています。


色々な噂が飛び交っていて、大丈夫なのかと不安視する方もいらっしゃいますが、殆どの企業はきちんとした優良企業なのです。

マリオンボンドって何?

559-B.jpg

出典:建築パース アーキテクトママ

マリオボンドとは、創業55年、資本金11億の賃貸業を中心とした総合不動産業を営んでいる企業です。創立以来、連続黒字経営を維持しています。


扱う物件は、東京の賃貸住宅が対象物件です。想定分配率は、年3.75%、一口25万円となっています。1口25万円の商品は、途中解約ができないということに注意を払う必要があります。また、分配回数も年2回となっています。


投資対象としては、旨みに欠けるかもしれませんが、信頼度の点においては非常に高い企業なので、お勧めです。


尚、中途解約は、譲渡することで可能にしていますが、一部解約不可の商品もあります。譲渡は、7営業日後に入金となり、その際の手数料は3%かかります。


マリオボンドでは、不動産特定共同事業法商品によく見られる優先劣後システムを採用しています。劣後出資は、30%が主流となっています。

物件に投資するのってどうなの?

559-C.jpg

出典:Inlanta Mortgage

都市綜研と比較すると、都市綜研の方が比較的利回りが高く建物によっては7%くらいの数字に設定されることがあります。マリオンボンドも4%近くの数字で固定されていて、安定した利回りとなっています。


将来に備えて資産形成を始めたいと考えている方や、若くても今から投資を覚えて副収入を得たいと考えている方が始めやすい25万円という金額から運用を始めることができるのは、大きな魅力と言えるでしょう。


その上、マリオンボンドの厳しい条件をクリアした物件なので、高い入居率が可能となり、安定した収益性が見込めるのです。


2020年の東京オリンピックに向けて、日本の不動産価格は上昇していますので、都内の優良物件に投資することができれば、ミドルリスクミドルリターンで、安定した利益を得ることができるのです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ