都市綜研やインベストプラスのメリットと物件への投資金額や管理

主に商業物件に投資している都市綜研やインベストプラス

568-A.jpg

出典:Croydon

都市綜研やインベストプラスは、物件投資の商品になります。多くの方々から資金を集めて物件を購入し、それによる利益を目指す商品になるのです。


そして都市綜研やインベストプラスは、物件のタイプが特徴的です。いわゆる住宅物件を購入するのではなく、商業施設になっているからです。


不動産投資というと、いわゆるマンション物件をイメージなさる方が多いです。確かに都市綜研やインベストプラスでは大型のマンションにも投資しているのですが、どちらかというと商業物件に投資しています。優良な商業施設などに投資をしていますので、それだけ大きな利回りが期待できると考えているからです。


ちなみに商業施設の購入費用を出資者1人が全額負担をする訳ではなく、多くの方々から資金を集めているのです。それで利益が発生した時には、出資者に分配金を支払っているシステムなのですね。

小額な金額で商業物件への投資が可能な都市綜研やインベストプラス

568-B.jpg

出典:小堀建設 Onlyone 世界でたったひとつの家を

そして都市綜研やインベストプラスの投資商品には、その商業物件に対して比較的リーズナブルに投資できるメリットがあります。


商業物件を購入するとなると、本来はまとまった資金が必要です。物件によっては、1億円ほどかかることも珍しくありません。それを購入しようと思っても、難しい事も多々あるでしょう。


ましてそのような物件を購入する時には、金融機関から借りなければならない事も多いです。それによるハードルの高さを感じている方々も多く見られます。


ところが都市綜研やインベストプラスでは出資金を募る方式になりますので、一人一人の出資者の負担はそれほど大きくありません。一口100万円などで投資できるのですね。ですので比較的少なめな資金でも商業物件に投資する事ができるのが、その2つの投資商品のメリットと言えるでしょう。

物件管理の手間がほぼ無いインベストプラスや都市綜研

568-C.jpg

出典:山陰合同銀行

そして何よりも、その物件管理の手間のメリットが大きいです。商業物件を自力で購入したのであれば、様々な物件管理が必要になってきます。メンテナンスなども必要になりますし、状況によってはリフォームなどが必要になる事もあるのです。


またその物件に入居している方々からの賃料回収などもあります。また物件価格の下落や上昇も発生しますので、今後のトレンドの分析なども必要になってくるのです。つまり自力で商業物件などを購入すると、それだけ多くの手間がかかる事になります。


しかし都市綜研やインベストプラスの場合は、それらを全て代行してくれるのです。わざわざ出資者が管理する必要もなく、トレンド分析に関する難しい勉強なども、基本的には不要です。


小額資金で商業物件の購入ができ、なおかつ管理の手間が殆ど無いのが都市綜研やインベストプラスの主なメリットと言えます。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ