都市綜研やインベストプラスによる資産運用の主な3点のメリットとは

都市綜研やインベストプラスの資産運用とローンに関するメリット

569-A.jpg

出典:K2 Investment

資産運用の1つに、自分で物件を購入する方法があります。マイホームなどを購入し、自力での家賃回収や物件管理などを行う方法があるのです。


都市綜研やインベストプラスによる資産運用の場合、それとは異なる方法になります。専門家の方に任せる方法になりますが、それには主に3つのメリットがあるのです。


まず1つ目ですが、融資を受ける必要がありません。何らかの物件を購入するためには、多くの方々は銀行などから借りている傾向があります。しかし都市綜研やインベストプラスの資産運用は、ローンを組む事はありません。あくまでも出資をするだけなのです。


ローンを組んでしまいますと、万が一投資で失敗した時に残債が残ってしまう可能性があります。それはとても重たいものですが、都市綜研やインベストプラスの資産運用にはその重さは無い訳です。つまりそれがメリットの1つになります。

都市綜研やインベストプラスの資産運用と空室リスク対策

569-B.jpg

出典:Inlanta Mortgage

2つ目のメリットとして、空室対策が挙げられます。自力で運用するとなると、空室リスクがあるのです。家賃による利益を目的にしている際には、空室が発生すると利益が生じなくなってしまうのです。


このため自力での資産運用の場合、そのリスクを回避するために色々工夫する必要があります。物件の宣伝をする事も必要ですし、様々な分析などを行う事になるのです。それはかなりの手間がかかります。


ところが都市綜研やインベストプラスの資産運用の場合、出資者としては物件の宣伝などを行う必要はありません。空室リスクなどの対策は全て投資会社が代行しているので、出資者が工夫をする必要は無いのです。自力での資産運用に比べると、その分手間が少なめになります。


ですので少ない手間で投資を行いたいと思っているのであれば、都市綜研やインベストプラスの資産運用が良いでしょう。

優良な物件に投資する事ができるインベストプラスや都市綜研の資産運用

569-C.jpg

出典:Anthem アンセム

そして3つ目のメリットですが、物件の信頼性が挙げられます。


自力で資産運用をするとなると、物件の信頼度は大きなポイントになるのです。例えば事故物件などを購入してしまうと、資産運用による利益率は激減する傾向があります。ですので事故物件などを購入しないよう、慎重に不動産物件を選別する必要があるのです。それには情報収集なども必要になりますし、そもそも相当な手間がかかります。


ところが都市綜研やインベストプラスによる資産運用の場合、優良な物件を取り扱っています。主に有名な商業施設などを取り扱っていて、好立地な物件が多いです。


そして出資者の方々としては、少ない資金で優良な物件に投資する事ができます。信頼性が高い物件による利益が見込めるのも、都市綜研やインベストプラスの資産運用のメリットの1つです。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ