都市綜研による物件投資の特徴と主たるメリット

住宅物件ではなく商業施設などに投資をする都市綜研の商品

574-A.jpg

出典:ENJILOG

不動産物件は、しばしば投資の為に活用されます。物件を保有する事による家賃収入や、物件の価格上昇などによる利益を目指す事になるのです。


ところで都市綜研では、その物件による投資商品を提供しています。そして都市綜研の商品は、住宅物件を用いないのが特徴的です。


例えば全国には、事務所や店舗物件などが数多く見られます。都市綜研は、そのような事務所などの物件による利益を目指しているのです。また都市綜研では、駐車場物件にも投資をしています。


不動産物件の投資と聞くと、いわゆるマンションをイメージなさる方も多いです。確かにマンションに投資をする方法もあるのですが、都市綜研の場合はマンションなどではなく、上記のような法人関連の施設に投資をしています。この「投資対象は住宅物件ではない」という点は、都市綜研の商品の特徴の1つです。

都市綜研による物件投資のメリットと管理の手間

574-B.jpg

出典:建築パース アーキテクトママ

そして都市綜研による物件投資の場合、資産運用の代行に関する特徴があります。


物件投資と聞くと、不動産物件を保有するというイメージをお持ちの方々も多いです。つまり住宅物件などを購入して、それに伴う家賃収入などをイメージしている方が多いのですが、都市綜研の商品はそれとは異なるタイプになります。


都市綜研は、まず色々な方々から出資金を募ります。そして集めたお金を用いて、上記のような様々な物件での利益を目指す事になります。その際に利益が発生した時には、出資者に対してお金を分配する事になるのです。


つまり出資をした方が直接物件の管理や家賃回収などを行う訳ではありません。それは別の会社が行う事になる訳です。


自力で物件管理などを行うとなると、かなりの手間が発生します。しかし都市綜研の商品はそれを代行してくれるので、手間の少なさに関するメリットがあるのです。

比較的少なめな資金で始められる都市綜研の物件投資

574-C.jpg

出典:SLOCUM THEMES

また都市綜研による物件投資には、必要資金に関するメリットがあります。


そもそも住宅物件などによる家賃収入を目指すのであれば、物件を購入する必要があるのです。そして不動産物件は、かなり多くの資金が求められます。数千万円以上かかる事も珍しくありません。それだけ多くの金額を準備するのは、難しい方も多数いらっしゃいます。


ところが都市綜研による物件投資の場合は、もっと少ない資金での投資をする事ができるのです。多くの方々から資金を集める投資信託のスタイルになりますので、100万円から投資を始めることができます。自力での物件投資と異なり、数千万円以上もの資金が求められる事はありません。


この「比較的少ない資金での投資ができる」という点も、都市綜研の物件投資のメリットの1つです。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ