都市綜研による資産運用の商品の主たるメリット

利率が高めな都市綜研による資産運用の商品

575-A.jpg

出典:不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

都市綜研では、資産運用の商品を提供しています。不動産物件に投資をする商品になります。


都市綜研の資産運用は、利率の高さが特徴的です。現時点の利率は、6%と設定されています。そしてそのパーセンテージは、銀行による預金商品に比べると高めです。


そもそも預金商品の場合は、年間の利率が1%にも達していないことが多いです。すなわち100万円を預けても、年間で1万円にも満たない状況なのです。その利率の低さに不満を持っている方々も、多数見られます。


ところが都市綜研による資産運用の場合、上記のように6%になっている訳です。不動産物件に対する投資によって、そのような利益率が見込める訳です。ですので利益率の観点からすると、預金商品よりも都市綜研の資産運用の方がメリットが大きいと言えます。


なお6%は現時点での数字で、今後の状況によっては変化する可能性もあります。

都市綜研による資産運用の商品と元本割れ分の補填

575-B.jpg

出典:Inlanta Mortgage

ところで投資関連の商品には、リスクがあります。多くの方々は、それを心配している事が多いです。投資会社に対して100万円を預けたものの、数年間の運用の結果90万円台などと減ってしまう事例も見られるのです。


そして都市綜研による資産運用にも、リスクはあります。ですので上記のように、90万円台などに減る可能性はあるのです。すなわち元本が保証されている商品ではありません。


ところが都市綜研の資産運用の場合、その元本割れに対する補償が特徴的です。上記の90万円台の事例の場合は、都市綜研による補填が発生します。つまり損失分は、都市綜研が支払ってくれる訳です。


他の投資商品の場合は、その補償システムが見られないケースも多々あります。それは都市綜研の特徴の1つです。そしてメリットの1つでもあります。


なお、最大20%まで補填されます。無制限ではありません。

40数万円からの投資も可能な都市綜研による資産運用の商品

575-C.jpg

出典:小堀建設 Onlyone 世界でたったひとつの家を

ですので都市綜研の資産運用の商品はメリットは大きいのですが、人によっては求められる資金が気になっている事もあります。というのも投資関連の商品は、ある程度まとまった資金が求められる事も多いからです。商品によっては、数百万円程度の資金が必要な事もあります。


ところが都市綜研の資産運用の商品は、その元資金の低さにも特徴があるのです。最低40数万円からの投資をする事ができます。比較的低めな資金でも投資をする事ができるので、ハードルが低めな一面があるのです。


逆にもっと大きな資金で投資をする事もできます。上記の40数万円はあくまでも最低ラインで、数百万円などまとまった資金での投資をする事も可能です。


利率が高めで元本割れに対する補填もある訳ですから、都市綜研の資産運用の商品はメリットは大きいでしょう。

資料請求(3年間の短期運用)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ