都市綜研の不動産投資とその3点のメリット

都市綜研による不動産投資と補償

576-A.jpg

出典:不動産広告用CGパース・建築パース

都市綜研による不動産投資の商品には、主に3つの特徴があります。その中の1つが、元本保全と呼ばれるシステムです。


そもそも不動産投資というのは、リスクはあるのです。リスクが皆無な商品では無いのですが、それで最初に預けたお金が減ってしまう事もあります。100万を預けて資産運用を一任した結果、90万円台や80万円台などになってしまった事例も多々見られます。


ところが都市綜研の商品の場合は、それに対する補填と呼ばれるシステムがあります。例えば上記のように90万円台などに下落した時には、会社の方がその金額を負担してくれるのです。


補填のシステムが採用されている不動産投資の商品は、数は比較的少なめです。都市綜研による商品の特徴の1つと言えるでしょう。そして補償が発生する訳ですから、安心できる一面がありますね。

都市綜研の不動産投資は健全性は問題無いか

576-B.jpg

出典:不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)

2つ目のメリットですが、会社の健全性です。不動産投資では、それは非常に大切なポイントになります。


そもそも投資商品を提供している会社の中には、経営状況があまり健全でない事もあるのです。経営状態が不健全な会社に預けるとなると、やはりお金に関する不安点が浮上するでしょう。


ところが都市綜研による不動産投資の商品の場合は、まず今までに割れた事がありません。それだけ順調な状況になっているのですね。


それと都市綜研の不動産投資では、もちろん配当が支払われる事になります。しかしそれも投資会社の経営状況次第では、未配当になってしまう事があるのです。しかし都市綜研の場合は今まで配当が支払わなかった実績はありません。


総じて順調な状況になっているので、「経営は健全である」という意見が多いです。

途中での解約も可能な都市綜研の不動産投資

576-C.jpg

出典:キャリアコンパス

そして3つ目は、解約に関するメリットが挙げられます。


そもそも不動産投資の商品の中には、解約が困難な事もあるのです。基本的にその商品は一定期間以上での契約になるのですが、例えばそれが3年と決まっているとします。


ところが人によっては何かの事情があり、1年目などで解約をしたいと思っている事があるのです。投資商品によっては、それが不可能になっている事もあります。


ですので解約ができない不動産投資の商品も見られる訳ですが、都市綜研の商品の場合は解約は自由になります。つまり上記のような1年目などでも、解約をする事は可能です。もちろんその際には、現金化する事ができます。


すなわち元本の保全システムと会社の健全性と途中解約という3点が、都市綜研による不動産投資の商品の主なメリットです。

資料請求(1口100万円から)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ