みんなで大家さん販売のクラウドバンクが定期預金よりもメリットが大きな理由

定期預金よりも利益率が高めなみんなで大家さん販売のクラウドバンク

595-A.jpg

出典:exciteニュース

みんなで大家さん販売によるクラウドバンクの投資商品は、しばしば定期預金と比較されます。そしてみんなで大家さん販売の方が、定期預金よりはメリットが大きいという意見があるのです。それには主に2つの理由があります。


まず1つ目の理由なのですが、利益見込み額です。そもそも定期預金の場合、みんなで大家さん販売のクラウドバンクの商品よりは利率が低めになっています。


定期預金の場合は、ほとんどの銀行が1%未満と設定している状況です。ですので200万を預けていても、年間の利益は2万円にも満たない訳です。


ところがみんなで大家さん販売のクラウドバンクの場合、現時点では利率見込みが%になっています。明らかに定期預金よりも利率が高めなので、みんなで大家さん販売の方がメリットが大きいとの意見も根強い訳です。

定期預金より受け取り回数が多めなみんなで大家さん販売のクラウドバンク

595-B.jpg

出典:K&A graphic

そしてみんなで大家さん販売のクラウドバンクの2つ目のメリットなのですが、受け取り回数です。かなり多くの頻度で受け取る事ができるのです。


そもそも定期預金の場合は、受け取り回数がある程度限られている事もあります。預金商品によっては、3ヶ月に1回程度の受け取り回数になっている事もあるのです。


ところがみんなで大家さん販売のクラウドバンクの場合、現時点では2ヶ月に1回の頻度で受け取る事ができます。すなわち1年間の配当受け取りの回数は、トータル6回になるのです。


そして資産を増やしたいと考えている方々の中には、配当金や利息などはできるだけ小刻みに受け取りたいと考えている事もあります。ですので受け取り回数を求めているのであれば、みんなで大家さん販売の方が定期預金よりはメリットは大きい訳です。

定期預金よりハイリスクな大家さん販売のクラウドバンク

595-C.jpg

出典:住宅関係のフリーイラスト素材

これらの2点を考慮すれば、みんなで大家さん販売のクラウドバンクの方が定期預金よりはメリットが大きいように思われるでしょう。しかし実は、みんなで大家さん販売のクラウドバンクにはリスクがあるのです。ノーリスクの商品ではありません。


そもそもみんなで大家さん販売のクラウドバンクは、不動産に対する投資を行う商品になります。それが順調であれば問題ありませんが、時には順調でなくなる可能性もあります。その時には、元本割れが発生する可能性もあるのですね。定期預金は元本割れの確率が非常に低いです。


しかし資産運用を考えている方の中には、「たとえリスクがあっても大きな配当が発生するメリットは大きい」と考えている方もいらっしゃいます。上手く行けば、定期預金よりは大きく増やせる可能性もあるからです。


やはりリターンの高さが、みんなで大家さん販売のクラウドバンクのメリットの1つと言えます。

資料請求

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ