都市綜研とマリオンボンドの資産運用の特徴と両者の相違点

元本割れが発生した事が無い都市綜研とマリオンボンド

599-A.jpg

出典:Art√

都市綜研とマリオンボンドの不動産投資には、元本割れに関する特徴があります。


そもそも不動産投資には、リスクはあるのです。例えば投資会社に対して、200万を預けたとします。そして200万という金額から、たまに減ってしまう事があるのです。というのも不動産物件は、価格が動いています。その影響で100万円台などに目減りしてしまうのが、元本割れです。もちろん当事者としては、それでは困ってしまうでしょう。


ところが都市綜研とマリオンボンドは、どちらも今まで元本割れを起こした事はありません。現在のところ元本割れが発生していないので、運用は順調と考えられるでしょう。


やはり資産運用をするのであれば、利益率が高さなどは大切なポイントです。元本割れが発生していないことに伴う安心感は、都市綜研とマリオンボンドの特長の1つと言えるでしょう。

解約も可能な都市綜研とマリオンボンド

599-B.jpg

出典:住宅関係のフリーイラスト素材

また都市綜研とマリオンボンドには、解約に関する特徴があります。そもそも投資商品の中には、解約不可能なものがあるのです。たいていは年数が決まっていて、一定期間は解約できません。


しかし投資をしている方々の状況は、変化する可能性もあるでしょう。何かの事情があって、急いでお金を調達しなければならない事も大いに考えられます。その際に解約ができないのでは、少々困ってしまうでしょう。ですので投資商品を選ぶ時には、解約可能かどうかは確認しておく方が良いです。


ところが都市綜研とマリオンボンドの場合、解約には応じてくれます。もちろん解約時には、投資金は全て手元に戻ってくることになるのです。


ですので万が一の事態が発生した時の安心感があるのも、都市綜研とマリオンボンドのメリットの1つと言えます。

都市綜研とマリオンボンドの最低出資金の違い

599-C.jpg

出典:アイジースタイルハウス

このように都市綜研とマリオンボンドには元本割れと解約に関するメリットがある点では、とても似ています。しかし両者には、違いもいくつかあるのです。その1つとして、出資をするための最低金額が挙げられます。


都市綜研の場合、求められる出資金はやや高めになるのです。現時点では、1口あたり100万と設定されています。すなわち都市綜研による資産運用を行う時には、最低でも100万円が必要になるのです。


ところがマリオンボンドの場合は、それよりも低めな金額での出資をする事ができます。現時点では、1口25万という状況です。


すなわちマリオンボンドの方が、都市綜研よりも少なめな金額での売買が可能になります。ですので小額な資金から始める事ができる投資商品を検討しているのであれば、都市綜研よりもマリオンボンドが良いでしょう。

資料請求(想定年率6%)

ご希望の方に不動産投資の「みんなで大家さん」最新号の資料をお送り致します。
みんなで大家さんシリーズは100万円単位での出資が可能となっており、想定利回りは5%~7.5%の不動産投資商品です。
詳細は最新資料をご覧ください。

資料請求はコチラ